横浜の二世帯住宅 中間検査無事終了

昨日は「横浜の二世帯住宅」の現場監理へ行ってきました。全ての耐力壁を確認、全ての柱引き抜き防止金物の確認を行い、細かな不明点を大工さんと確認しました。さらにこれから始まる断熱材施設方法を指導しました。指摘事項はスキップフロア(床段差部)の壁を構造用合板張りするよう指示しました。
また昨日は検査機関の中間検査も行われ指摘事項なく無事終了しました。
写真は2階ロフト部分を撮影したものです。柱と梁、間柱などが現しになった状態はいつ見ても力強く美しく感じます。図面作成中の小笠原住宅計画では外張り断熱とすることで写真のような構造体現し仕上げとなるよう考えています。

タイトルとURLをコピーしました