横浜の二世帯住宅 断熱材施設

昨日は「横浜の二世帯住宅」の断熱気密検査を行いました。
木造住宅の現場監理で石膏ボードを張る前に全ての住宅で行っている大事な確認作業です。断熱材施設前に施設方法を細かく説明していた通り、ほぼ隙間なく気密シートの重ねも確実に施設してくれていました。指摘事項は気密テープ張り2ヶ所と、梁下の断熱材下がり部の補修が2ヶ所ありましたが袋入りグラスウールの施設としてはこれ以上ないくらいの高水準だと思います。
私の物件では外周面にコンセントやスイッチを極力無くしているので写真のように断熱材施設後の電機配線工事はありません。どうしてもコンセントやスイッチが必要な場所は2重壁にして空間を作ってBOXを埋め込むようにしているので断熱材の欠損もありませんし気密シートの連続性も確保しやすいよう設計しています。

blog category
滑り台のある家
🎉LINE友だち登録でプレゼント🎁

プレゼントを受け取る!!
◎感共ラボのポートフォリオ
◎パッシブ住宅の解説ブック
◎夏の住まい方ガイド
◎冬の住まい方ガイド

感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました