武蔵小杉駅で豚骨ラーメンを食す

35度を超す猛暑のなか、子供と一緒にラーメンを食べてきました。場所は東急東横線 武蔵小杉駅の改札前、博多豚骨ラーメン 「たかくら」です。隣の「つけめんTETSU」と内部で繋がっている店舗です。
店舗のホームページには次のように紹介されています。
ラーメン界最高権威と言われるTRY大賞受賞店「ラーメン凪」の店主・生田智志さんと、「つけめんTETSU」が作る、直球勝負の博多豚骨らーめん。「たかくら」が作り出す豚骨らーめんは濃厚でかつクリーミー、豚骨の旨味を極限まで抽出しているにもかかわらず、豚骨特有の臭みも全くなく、バランスの良い完成された1杯。

駅改札前にあり便利なため、「たかくら」に一度、「つけめんTETSU」には二度訪れたことがあります。「たかくら」は替え玉1杯無料ということもり、夏休み中の長男と次男を連れて行ってきたのです。ホームページで紹介されている通り、豚骨スープは素直でクリーミーな味。あっさり豚骨「一番釜」スープ、濃厚豚骨「二番釜」スープ、重厚豚骨「三番釜」スープから選択でき私が食したのは濃厚豚骨「二番釜」スープです。自分の好みとしてはもう少しコクがあった方が好きですが十分美味しかったです。

無料替え玉を入れ、卓上にある「たかくら特製の辛子高菜」とゴマを入れて唐目に味付けして二杯目をいただきました。次男もお腹いっぱいと言いながら替え玉を入れて二杯目も完食。子供たちも満足したようです。そうそう、値段は750円です。替え玉1杯無料でお腹いっぱいになるのでリーズナブルといえるでしょう。武蔵小杉へお越しの際はご賞味あれ。

タイトルとURLをコピーしました