鎌倉の減築リノベ 心地よい環境を作り出す

昨日は「鎌倉の減築リノベ」計画の打合せを行いました。
前回の要望聞き取り打合せから約1ッか月半のお時間をいただき、ファーストプランの提案をさせてもらいました。
リノベーションは新築の3倍くらい難しい。コスト予想や断熱気密工法など新築は細かく考えなくても予想できるのですが、リノベーションは既存部分があっての改修になるので、コスト予想も不透明、断熱気密工法はその都度計画が必要です。当然ですが既存部分を活用しながらなるべく低コストで最大の効果を得るプラニング能力も必要になります。

昨日の打合せでは、家の中で気持のよい場所に順位を付け、最も気持のよい場所にダイニング、普通は暗くなりがちな中央部に上部より採光を取る事で心地よい場所に変えるとういう計画でリビングスペース、普通はリビングなどを配置する南側は隣家が建つと直射光がほぼ入らなくなるのでキッチンを配置するという提案をいたしました。
打合せでは将来の模様替え、コスト、植栽外構計画、隣家の建設計画、断熱気密工法、仕上げ素材など様々な意見交換のなかで要望事項をいただきました。次回打合せでは詳細な設計見積りと検討プランを用意して協議させてもらうこととなりました。

タイトルとURLをコピーしました