小笠原シェアハウス計画 ファーストプラン提示

明けましておめでとうございます。ブログをご覧くださっている皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨日は正月元旦でしたが、検討してきた「小笠原シェアハウス計画」のファーストプランをメールでお送りしました。普通は直接お会いしてプラン概要をご説明するのですが、建て主様のお住まいが遠方ということもあり、今回はメールでの送付となったのです。
敷地は小笠原の海岸に面する好立地です。写真は敷地海側(方位は北側)の外観パースです。シェアハウスの住人や建て主様の友人などが気軽に集まれるよう大きなウッドデッキスペースとしました。小笠原は突然のスコールのような雨もありますので2階の張り出しで広めの雨避けスペースも設けました。外壁の色は青空と周囲の樹木(緑)を背景に映える色である明るめの焦げ茶色を選定しました。
平面プランは1階に建て主様の住居部分とシェアハウスの貸室半分、2階は建て主様の寝室とシェアハウスのダイニングキッチンなどを配置しました。建て主様のご希望リストでは1階にオーナー住居、2階にシェアハウスとして上下で分離するものでしたが、検討の結果建て主様の寝室スペースを2階に上げた形となりました。寝室のプライバシー度の高さと上下階の遮音などから考えた結果です。
ファーストプランでは温熱や通風など今までの経験から頭の中で計算しながらプラニングしていますが、今後実際に計算で性能を確認しながら微調整を行っていきます。設計見積りで予算の確認も必要です。建て主様とのプラン打合せまでに精度を高めていかなくてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました