岡村未来子さん設計の方形の家を見学させてもらいました

今日は以前実施図面の作成をしてもらっていた岡村未来子さん設計の庄の家(方形の家)を見学させてもらいました。
横浜のごく普通の住宅地の中、周囲に公園や神社など緑の多い環境の住宅地に溶け込むように、しかし周囲の住宅とはまったく異なる上質な主張をする住宅が目の前にあらわれました。岡村さんがここ数年蓄積してきたプラニング力やディテール、素材の選定などの知識を岡村さん自身の中で消化したうえで完成した住宅であることがよく分かります。
方形の家と名付けられたその住宅は、外観と内観が表裏一体であることを明確に感じさせながら、建物の四隅に設けられた開口が見せたい方向のみを切り取り、広がりを感じさせ、内外の一体感を感じさせる装置をなっているようでした。室内のプランも建物四隅に設けた窓をが高い効果を生むよう配慮され、丁寧に吟味された素材とディテールはとても心地よい物でした。単に窓からの景色だけではなく部屋と部屋の繋ぎの間とし高い効果を与えていました。
外部に対する方形窓の落ち着いた力強さは設計者である岡村さんの性格が出ているようで感心しました。建築家 岡村未来子の活躍に注目してください。

タイトルとURLをコピーしました