ピアノ室のある小住宅 上棟しました

昨日7月20日、ピアノ室のある小住宅を上棟しました。週刊天気予報では午後から雨という予報でしたが幸い良い天候となり無事に上棟できました。昨日は大安ということもあり、施工している柏倉建設株式会社では他に2棟の上棟をしたそうです。

上棟後は外回りの工事を進めることとなります。2重屋根下地としていることから上野地板の施工、外壁構造ボード施工、構造金物の設置、サッシ取付の順序で外回り工事を進めます。

2重屋根下地って何のことだ変わりますか?

屋根下地の野地板が1層でその上に屋根仕上げを行う構法では、野地板が雨水や結露水で腐食することが知られています。また屋根に空気層を作ることで遮熱効果が段違いに高まります。このような理由で屋根を2層にして空気層を設ける工法が一般化されてきたのです。空気層が無い場合、竣工後1年で野地板が腐食して屋根に不具合が発生したとう事例もあるそうです。

安全、安心、快適を第一に家づくりをすることが重要です。

工事の状況はときどきこおブログでお伝えしますので、ブログカテゴリー「ピアノ室のある小住宅」から更新履歴をチェックください。

にほんブログ村 住まいブログへ
タイトルとURLをコピーしました