続・エコハウスの真実4「エコハウスの定義」

エコハウスを定義しよう

前回のシリーズブログでは「エコハウスとは」という問いを解説しました。そこで分かったのは、「エコハウス=二酸化炭素発生量の少ない住宅」ということでした。太陽光や風通しを活かして照明エネルギーや冷暖房費を削減させる計画、高断熱化して暖房費を削減させる計画、地産地消で運搬エネルギーを削減させる計画、高効率設備を導入して消費エネルギーを削減させる、創エネ設備を導入して消費エネルギーを削減させる、エコハウス的な視点で考えるとこれらはすべて二酸化炭素発生量を削減させるための手段(方法)です。

住宅全体の二酸化炭素発生量で比較する必要があるので、地域の気候風土に応じた設計で環境に優しそうな印象の住宅が実は単に創エネ設備を導入した住宅よりも劣ることは十分ありうるのです。はっきり言うと単に創エネ設備を導入した方が二酸化炭素発生量は削減できます。シリーズ2でお話したハウスメーカーの取り組みはあながち間違っていません。気候風土に応じた個別の設計ができないならば、そこそこ外皮性能を高めて、高効率設備と創エネ設備を導入したほうがよほど効率が高いです。

温熱環境の快適感は、窓の開閉よりもエアコンで室温調整すればいいという方にとってはハウスメーカーの住宅でも十分満足できることでしょう。

段階的な目標

「エコハウス=二酸化炭素発生量の少ない住宅」という定義は理解いただいたかと思います。では次に住宅の二酸化炭素発生量を解説します。住宅の二酸化炭素発生量は大きく3つの段階に分類できます。1・建設時、2・居住時、3・解体撤去時です。居住時だけで議論するのか、建設から解体までの全段階で議論するかによって様々な基準が決まっています。二酸化炭素削減量の小さいものから大きなものまで解説します。

1 認定低酸素住宅:H25年基準の一次エネルギー消費量を10%以上削減した住宅

2 光熱費O住宅:光熱費がゼロとなる住宅

3 ZEH:年間の一次エネルギー消費量がゼロとなる住宅。H25基準の一次エネルギー消費量を20%以上削減させ、再生可能エネルギーを導入することで実現可能。

4 リアルZEH:3のZEH基準は家電消費は消費エネルギーに入れないというものですが、家電消費分も計算に入れて計算したものがリアルZEHです。

5 LCCM住宅:ライフサイクルカーボンマイナス住宅の略称です。住宅建設時、居住時、解体処分時の3段階すべてのCO2収支がゼロとなる住宅です。

1の達成は最も簡単です。2以上は創エネ設備が必要となり、5の達成は最も難しいものとなります。

にほんブログ村 住まいブログへ
タイトルとURLをコピーしました