ピアノ室のある小住宅 床付加断熱

お盆休みが入りましたが「ピアノ室のある小住宅」の現場は順調に工事が進んでいます。写真は床厚合板の下に断熱材を充てんした上の付加断熱を施工している状況です。24mm厚合板の上に防湿シートを敷き詰めテープ張りし、その上に30mmのネオマフォーム断熱材を敷いています。◇Uと見えるボードが断熱材、断熱材の間に入っている木が根太です。断熱材の上にさらに12mm合板を張り重ねして下地工事完了となります。

この付加断熱があるかないかで足元の冷え込み具合がまったく違うのです!!

上写真は付加断熱完了後の状況です。左奥天井が四角く空いてますね。この部分には2階のユニットバスが設置されることになります。すでに給排水管が施工されていることがわかるでしょうか。

ユニットバスは2階セット用の金具を取り付けてその上に設置します。

明日からいよいよ窓サッシの設置が始まります。また進捗状況をお伝えしますので時々ブログチェックお願いいたします!!

にほんブログ村 住まいブログへ
タイトルとURLをコピーしました