平塚市の二世帯住宅 設計監理契約

平塚市で計画していた二世帯住宅の設計監理契約を結びました。3日前にお伝えした「小さくて広い家」の契約に続き2週連続のご契約となりました。

さて、「平塚市の二世帯住宅」は横須賀市で設計事務所を営んでいる女性建築士との共同設計です。「HAMU」というユニットブランド名で数年前から活動している共同設計ユニットです。

「HAMU」は、アンティークな部屋、シャビーシックな空間、古民家などに魅力を感じる方々に表面的ではない本物の空間を提案しています。ハムのように「熟成された深い味わいを感じる空間」という意味と、二人の頭文字であるH&Mユニットという意味を重ね合わせた名称です。HMAU紹介サイトも用意しているのでお時間ある方は是非ご覧ください。

アンティークな部屋、古民家再生の建築設計事務所、建築家
アンティークな部屋、シャビーで大人可愛い空間、古民家再生の建築設計事務所

冒頭の外観パースと上の鳥瞰パース(鳥が見たような構図)を紹介します。平面プランを検討している段階ではありますが、プランをご理解いただくために作成した外観パースです。二世帯住宅ということでかなり大きな規模となっています。また駐車台数も多く、インナーガレージが欲しいという建て主様の「夢」も取り入れた提案となりました。鳥瞰パース左側のグレーの建物は一緒に検討している賃貸住宅2軒のボリュームが分かるように一緒に描いたものです。プラン説明用で作成した外観パースですが、提案プランに大きな変更なく進みそうなので形状は実際に近くなりそうです。

最後に外観パースと一緒に作った内観パースを紹介します。1階親世帯の内観イメージです。こちらも色素材など細かなご要望をお聞きする前の段階ですが、部屋と部屋のつながりや見え方など平面プランをご理解いただくために作成しました。セミオープンキッチンとダイニングスペース、居間兼用の和室は腰かけられるよう1段床を上げるよう考えました。とても暮らしやすそうな住宅となりそうです。加えて採光通風も抜群の家になると思います。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
タイトルとURLをコピーしました