小杉町2丁目計画 捨てコン打設

1.捨てコン打設

小杉町2丁目計画の現場は基礎下の捨てコンを打設いたしました。捨てコンは基礎コンクリートの位置を正しく描く墨出しのキャンバスとなり、捨てコン下の砕石と共に基礎強度を確保するための大切な工程です。今回の計画は鉄骨3階建ての建物となるため杭回りは他の箇所よりも少し掘り下げてフーチングと呼ばれる基礎と杭を一体化させる基礎形状となります。そのため地盤面より深いところでは2m以上掘り下げて捨てコンを打設しています。

3か所あるブルーシートは床コンクリートを築造するために残してある土の部分です。雨で崩れないようにブルーシートで被ているのです。先日の台風で掘り下げた部分に雨水が溜まってしまいましたがポンプで雨水を排出していき捨てコン打設することができました。

2.既存棟のリノベーション図面作成

増築棟の工事が進む中、既存棟のほうのリノベーション図面を急ピッチで作成中です。捨てコン打設後の写真左に移っている茶色のタイル外壁の武者が既存棟です。

こちらが南側道路側から撮影した写真です。バルコニー腰壁をガラス製に交換し、外壁を前面リフォームいたします。また中央少し左に移っている緑色の階段部分は縦格子などでリノベーション予定です。見た目は全く違う建物に生まれ変わることとなります。

現状1階の駐車場は新たに店舗としてリノベーションするので、用途変更を伴う大規模改修の申請届の済証を受領いたしました。1階店舗が小型スーパーとなる可能性があるため福祉のまちづくり協議申請許可も同時に取得しました。最後に増築棟が完成し既存棟のリノベーション完了後のイメージパースを紹介します。

 

 

タイトルとURLをコピーしました