映画YESTERDAY(イエスタデイ)を見た

もしも『ザ・ビートルズ』がこの世界に存在しなかったら・・・
そんな空想の世界を描いた映画「YESTERDAY(イエスタデイ)」を見てきました。監督は「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル、「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティスが脚本、主演のジャック・マリク役をヒメーシュ・パテル、ヒロイン役のエリーがリリー・ジェームスというスタッフキャストです。あっ忘れてはいけない人、エド・シーランがなんと本人役の重要な役どころを演じています。

この程度では満足できずネタバレありの続編を書きました
続きを読んでくださるかたはこちらをクリックしてください

横断歩道を歩く主人公の二人。ビートルズファンでなくともお判りでしょう。ビートルズのアルバム「アビーロード」のジャケットに使われた横断歩道です。まさにビートルズの聖地といってもいい場所です。この広告写真を見たらビートルズファンは見逃せない映画であることが分かりますね。

さて、映画のストーリーはというと、主人公のラブコメディーで,、物語が美しいビートルズサウンドに乗せて進行していきます。単純にバックグラウンドで流れるのではなく、主人公本人が歌っている、しかもその時々の心情に合わせた選曲がされていました。

売れないミュージシャンのジャックと、地元の高校で教師をしながらジャックを支える幼馴染のエリー。アルバイトで生計を立てながら細々と活動を続けていたジャックがミュージシャンを止めるとエリーに告げます。その夜、全世界的な12秒の停電後に事故にあい意識不明の重体となっていまうジャック。ジャックが目覚めるとビートルズが存在しない世界になっていた。ビートルズに関する資料は一切なく、ビートルズを覚えているのは世界で自分だけ。そんなところから奇想天外ですがワクワクする物語が始まりります。

私が覚えているだけですが映画の中で使われた曲目を列記しましょう。どれも名曲ばかりです。

・イエスタデイ
・アイソーハースタンディングゼア
・レットイットビー
・ヒアカムズザサン
・ヘルプ
・シーラブズユー
・アハードデイズナイト
・インマイライフ
・バックインザUSSR
・オールニードイッツラブ
・ザロングアンドワインディングロード
・オブラディ、オブラダ

意識不明の重体から生還し友人が開いてくれたパーティーで最初に演奏したのがイエスタデイです。曲のすばらしさに涙ぐむ友人たちですが、涙ぐんでいるのは映画を見ている私も一緒。イエスタデイを初めて聞いた時の遠い記憶がよみがえってくるのです。他にもエリーを前に歌うインマイライフ、エドシーランと創作競争をしたときのザロングアンドワインディングロードなどなど、涙無くしては見れません。

そしてこれらを上回る驚きの涙腺崩壊ポイントもあるのですが映画を見ていない人のために取っておきましょう。

エド・シーランやっぱいいいな~、健気な役どころのリリー・ジェームス可愛いな~など他にもお伝えしたいことが沢山ありますが、ビートルズファンでなくともお勧めできる映画でした。

この程度では満足できずネタバレありの続編を書きました

続きを読んでくださるかたはこちらをクリックしてください

にほんブログ村 住まいブログへ
タイトルとURLをコピーしました