これからのエコハウス

昨日は久しぶりにエコハウス関連のセミナーへ行ってきました。
株式会社インテグラルが主催した「ホームズ君でつくるこれからのエコハウス」というセミナーです。インテグラルよりもホームズ君といった方がピンとくる人が多いことでしょう。当事務所でも使っている耐震ソフト、省エネソフトなどを販売している会社です。

セミナー第一部では東京大学の前真之准教授の講演「新・エコハウスのウソ UA値さえ小さければ暖かい家?」
第二部はYKK APの「これからの窓・付属部材の選び方」、リンナイの「これからのリフォームにおける床暖房」。第三部では省エネ法改正による住宅性能義務化についての講演を聞きました。

私のブログでお話している内容のおさらいのような内容でしたがよいお話を再確認することができました。住宅の断熱性能と省エネ化は国の基準通りに作っていたら快適な家にはなりません。断熱性能基準は20年前のまま、それどころか最新の気象データにより温暖な地域が広がり断熱基準が緩くなってくる地域も多数あります。

国の基準に頼らず、「必要にして十分な性能」を確保するためにはどうすればいいのか?

 

この答えはとても単純です。
Ua値やηAC値などの国が定めた数値で考えるのではなく、人の感覚に近い室温で考えて説明すればよのです。建物の周りには樹木や隣家がありますね。それらの日影の影響を考慮した非定常計算による無空調時の自然室温をベースに設計すればよいのです。

「無空調時の室温は〇〇℃です」
「早朝の室温は〇〇℃です」
「無空調時間が〇〇時間で、暖房冷房時間は〇〇時間です」
「暖冷房空調費は○○円です」

Ua値の数値競争をして自然室温が低く熱負荷が大きい家を作ったのでは本末転倒です。四季ごとの太陽高度と周辺環境を考慮した、無空調時の自然室温をベースにした設計により自然の恵みを感じる心地良い家を手に入れることができます。

タイトルとURLをコピーしました