木造住宅の壁倍率

2015年7月7日のブログで木造住宅の構造用釘について解説しました。内容は、Nクギは在来軸組工法の構造部用、CNクギは2×4工法の構造部用で、NCクギは造作や木下地などに使う釘。同じ長さで比較すると釘の太さはCN>N>NCの順に細くなり、N釘よりCN釘の方が太いので、在来木造住宅の構造釘としてはN釘とCN釘の使用は認められていますがNC釘は認められていないという内容でした。建設省告示で高強度倍率の耐力壁が認められることとなり、一般的な構造用合板だけでなく、各社個別の認定を取得した構造用面材が混在することで使用できる釘の種類が分かりにくくなっています。

木造住宅の構造用合板耐力壁の告示が変わり、高倍率仕様が加わりました。

右の表は在来木造住宅で使えるようになった壁倍率と釘種類・ピッチです。従来の壁倍率は2.5倍でしたのでかなり上がりましたね。

新たに加わった倍率は「4.0」「3.8」「3.1」です。(大壁仕様)

ここで注意しなけれあいけないのは倍率ごとに釘種類とピッチが違うこと。倍率4.0ではCN65釘を100mm以下で打たなくてはいけません。住宅の壁倍率2.5で使ってきたCN50釘の場合は75mmピッチで打っても倍率「3.8」、100mmピッチで「3.1」です。

さらにさらに注意が必要なのは釘種類です。従来使っていたN50釘はこの高倍率仕様では使えません。CN50釘を使うことと明記されました。細かすぎて難しいですね。プロなら釘頭の色で判別できます。

ここまで構造用合板で新たに追加された告示仕様の壁倍率について説明してきましたが、耐震壁で考えなくてはいけないことは壁倍率だけではありません。高強度化しすぎて柱引き抜きは問題ないか?、壁内結露しないか?、雨で濡れたときに性能確保できるかなどさまざまです。

下の数値は耐震ボードとして一般的に使われている合板やボードの透湿抵抗です。
構造用合板は実は透湿抵抗が高く壁内結露し易いという点を注意してください。構造用合板を使う場合は室内側の防湿層を確実に施工することが重要です。建売住宅でよく見かけるノボバンも結構高めです。ボード系で比較的古くから使われているダイライトMSとモイスTMは透湿抵抗が低いので比較的温暖な地域なら壁内結露の心配はほぼありません。

そのなかで「ハイベストウッド」に注目してみましょう。透湿抵抗がとても低く壁内結露しにくいこと分かります。壁倍率は2.5ですが、CN65釘を使用すると倍率4.0の認定を受けているので耐力が足りないときにも重宝しそうです。

構造用合板(ラーチ):12.2
OSB        :13.5
ハイベストウッド  :2.0
ダイライトMS    :2.3
モイスTM      :2.32
ノボバン      :7.4

タイトルとURLをコピーしました