木造住宅のコストが分かる本

執筆した「木造住宅のコストが分かる本」が出版されました。
初版発行は2020年3月2日
発行所は株式会社エクスナレッジです。

エクスナレッジは建築専門誌の「建築知識」を発行している出版社です。

住宅の建設コストが上昇傾向にあるなか、予算管理に対する要求がとてもシビアになっています。特に設計事務所の設計する住宅では、設計後に工務店から見積もりを取ってみたら大幅な予算超過となり建設できないという事例も多いです。一般の方は設計事務所だから予算通りに設計してくれるのだろうと思っているようですがそうではありません。

私の事務所では基本設計中に詳細見積もりを行って、設計しようとしている住宅が予算内に納まることを確認しています。この作業を怠ると施主打合せの中で的確なアドバイスができず詳細設計段階で過剰な設計をしてコスト上昇をまねくことになります。

 

さて、出版されたコスト本は複数人の共同執筆となっています。私が担当したのは30ページから70ページの約40ページです。
あまり時間をかけずに、狂いの小さい詳細見積りを行う極意を解説しています。

専門家向けに発行された書籍ではありますが。もし見かけたら手に取って中身を見てみてください。

書籍に関すること、住宅建設のコストに関することなど、なにか質問などありましたら下の問合せフォームからご連絡ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました