平塚の二世帯住宅 基礎配筋

平塚の二世帯住宅は基礎配筋が完了しました。二世帯住宅だけあって1階の面積が広く迫力あります!!

配筋検査は住宅瑕疵担保責任保険の検査項目ともなっている大切な工事工程です。図面通りの鉄筋太さか、鉄筋の重ね長さや間隔は適切か、コンクリート被り厚さと呼ばれる鉄筋からコンクリート面までの厚みは適切か、立ち上がり高さは図面通りかなど細かく、しかもすべての個所を確認する必要があります。周囲の地盤高さから玄関床高さを決定して玄関ドア下の立ち上がり高さを最終決定する必要もございます。

この日の検査では軽微な指摘が3か所あり、その場で是正してもらい確認しました。

写真右にドンと見えるコンクリート筒は井戸です。もともとあった井戸を残し、災害時に利用する予定です。井戸の専門業者に内部洗浄してもらい、新たにコンクリート筒と手動ポンプを取り付けました。私も動かしてみましたが勢いよく井戸水が出てきました。

次の写真はコーナー部分を撮影したものです。コーナー斜め筋は工務店さんの標準仕様とのことで図面になかったものを入れてくれました。通常時に基礎コーナーにヒビ(亀裂)が入っているのを見たことはありませんが、大震災時にコンクリートコーナーに大きな負荷がかかることは予想されます。阪神大震災後に義務付けられたホールダウン金物という柱と基礎を直接つなぐ金物の引き抜き力です。この引き抜き力による亀裂防止と、コンクリート立ち上がりコーナーのゆがみ防止に効果があるでしょう。とはいっても、設計事務所の標準仕様にするほど重要なものではありません。

     

    タイトルとURLをコピーしました