横浜の高性能パッシブ住宅 砕石地盤改良

横浜のパッシブ住宅は工事契約後ほどなく地鎮祭を行いました。当日は晴天のもと滞りなく祭事を終えることができました。

まさに青天!!

そして先週は地盤改良工事の立会い確認をしてきました。今回採用した改良工法は砕石を締固めながら柱状に形成する地盤改良工法です。通常の柱状改良のように六価クロムのような有害物質を発生する可能性は無し、土地を売却するときに改良柱を撤去する必要なし、砕石なので敷地の水はけも良くなるという長所がございます。

 

1枚目の写真は柱状位置に重機をセットして改良位置・長さ・傾きの確認をしている状況です。

次に砕石ポットをセットして砕石を落し込みながら重機で閉め固めして柱状に形成します。

地上面まで砕石を閉め固めながら砕石柱を形成していきます。

上の写真は1本の改良が終了した後の写真で、改良太さを確認しています。

全ての改良工事が完了した状況です。通常の柱状改良はセメントと土を混ぜながら柱状に形成するので基礎下で止める必要があるのですが砕石の場合は改良上端の高さは厳密ではありません。次の工程の基礎工事で土を掘りながら基礎コンクリートを築造することになります。

タイトルとURLをコピーしました