平塚の2世帯住宅 上棟後中間検査

平塚の2世帯住宅は上棟から約3週間、構造金物確認などを行う中間検査が終了しました。

写真は1.5m張り出した大屋根の垂木です。出幅が大きいので通常の垂木間隔より細かく、半分の間隔で屋根垂木がかかっています。大工さんがいい仕事をしてくれています、連続する垂木は美しいですね~

さて、中間検査ではすべての構造金物、耐力壁ボードの釘種類と釘間隔などを確認します。構造金物は多種ありますが種類が多すぎると現場で混乱するため当事務所では4種類の金物に絞っています。金物を4種類に絞ってから、大工さんの間違いも格段に減少し、検査時間も短縮できるようになりました。

次回の進捗紹介は2か月後、大工工事完了後の状況をお知らせいたします!!

    タイトルとURLをコピーしました