砕石による地盤改良工法

横浜の高性能住宅では地盤補強を砕石で行いました。工事最初の工程ですがブログにUPしていたつもりがされていなかったので今更ですがご紹介します。

住宅の地盤改良は大きく3種類ございます。1、表層改良 2、柱状改良 3、小径鋼管杭の3種類です。それぞれの工法には長所短所があり、支持層までの距離や敷地条件によって採用する工法が変わります。

横浜の高性能住宅で採用したのは砕石の柱を家の下に作る工法です。上の3種類のなかでは2の柱状改良工法に近いものです。柱状改良がセメントと土を攪拌させながら家の下に多数の柱を作るのに対し、砕石改良工法は砕石柱と砕石柱周辺の地盤の支持力を複合させて、 地盤の支持力を高める地盤改良工法です。

上が採用した砕石改良のハイスピードコーポレーション株式会社HPから引用した工法のメリットです。セメントと土を攪拌させて柱を築造する一般的な柱状改良は六角クロムという有毒成分が発生することがある点、そして改良柱は撤去できないことから土地売却時に土地の価値が下がるリスクがあるというデメリットがあります。砕石改良工法はそのデメリットがありません。さらに100%自然素材で無公害、液状化対策にもなるというものです。

実際に施工した状況写真で具体的な工事過程を紹介します。上の写真が現場に搬入した施工前の砕石です。

次に砕石柱を築造する位置を確認します。写真の鋼管の先から砕石を送り込みながら地中に柱を築造します。

次の写真が鋼管を回転させながら砕石を送り込んでいる状況です。

施工後に設計通りの砕石柱径となっているか計測します。

最後に敷地前代の施工が完了した写真です。写真のグレー色になっている部分が砕石柱施工した箇所になります。

     

    タイトルとURLをコピーしました