横浜の高性能パッシブ住宅 内装工事完了

 

横浜の高性能パッシブ住宅
内装工事が完了しました。写真は1階LDKのダイニングスペースからキッチン方向を撮影したものです。まだキッチンが設置されていないのイメージできないと思いますが、天井から2本のダクトが出ている位置にレンジフードが設置されます。その奥には2階に上がる階段を設けています。見た目重たくならないようスチールプレートを階段状に加工し踏板を固定しています。階段下には食器収納を兼ねたレンジ台を家具工事で取付します。

2枚目の写真はダイニングスペースから南側の吹抜け方向を撮影したものです。吹抜け下がリビングスペース、1階窓だけでなく2階の大きな窓から明るい陽射しがダイニングスペースまで差し込むよう設計しました。吹抜けを設ける時には窓で冷やされた冷たい空気か下りてくるコールドドラフト対策が重要です。この住宅では窓外のシャッターと窓内側のカーテンで寒さを防ぐよう考えています。

3枚目は階段手摺です。タモ修正パイプを支持金物で固定しています。手摺の角度が変わる部分は切りっぱなしの単純な形状としました。連結金物で接続する手摺が多いですが私はこちらの単純な固定方法の方が好き。

次に外観写真2枚を紹介します。外壁は薄いグレー色のマジックコート吹付、アクセントとして取り入れた木板はウエスタンレッドシダー張りキシラデコール塗装したものです。キシラデコールもグレー色で着色しています。1階壁部分は準防火地域対応として板張りの下にガルバリウム鋼板平板を下張りしています。1階板の凹凸と2階バルコニー目隠し板の面と目地を揃えるよう大工さんに苦労して設置してもらいました。とても綺麗に仕上げてくれました。

この後、木製建具と家具、照明器具と衛生陶器類など設置したら工事終了。1ヵ月後にはお引き渡しの予定です。

    タイトルとURLをコピーしました