ムサコではなくコスギだった【武蔵小杉・KITACOS】

Yahoo! JAPANが提供するクリエイターズプログラムで当事務所が設計監理して2020年10月に完成した小杉町2丁目計画の1階カフェが紹介されました。
クリエイターズプログラムとは、世の中の才能と情熱を持ったクリエイターの制作活動をサポートし、Yahoo! JAPAN上での発信を通じてユーザーのみなさまに「明日の行動」につながる良質なコンテンツを届けるプログラムです。CREATORSというサイトにて様々なクリエイターの活動が紹介されています。

ムサコではなくコスギの【武蔵小杉・KITACOS】犬にも赤ちゃんにも優しいカフェが街の記憶をつなぐ - Ash | Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム
いきなりですが、武蔵小杉を何と略すか、ということについては、私がこの街に住み始めた2006年頃から常に物議を醸しているトピックです。 「武蔵小杉」というのはJR(と東急)の駅の名前なのですが、実はこの「武蔵」がつく駅名は南武線で立川から川崎方面へ乗ってくると、武蔵小杉を含めて4つ、続くんですね。「武蔵溝の口」「武蔵新城...

ムサコではなくコスギの【武蔵小杉・KITACOS】犬にも赤ちゃんにも優しいカフェが街の記憶をつなぐ

 トレンドカルチャーのカテゴリーにて掲載されました。上のリンクからご覧ください。小杉町2丁目計画の建て主様が運営しているカフェについてとても詳しく紹介されています。

KITACOS(キタコス)
住所:神奈川県川崎市中原区小杉町2-226-4
電話番号:044-712-5995
営業時間:9:00〜20:00(土日は10時〜)
公式HP:https://kitacos.com
アクセス:JR・東急東横線武蔵小杉駅より徒歩5分

ところで、ブログタイトルの「ムサコではなくコスギだった」が気になりませんか?
私は武蔵小杉に住み始めて20年弱の新参者なので武蔵小杉の略称は「ムサコ」だと思っておりましたが、昔から住んでいる方々は「コスギ」と略称しているそうです。「武蔵小杉」というのはJR(と東急)の駅の名前なのですが、「武蔵」がつく駅名は南武線で「武蔵溝の口」「武蔵新城」「武蔵中原」「武蔵小杉」あります。

住んでいる人にとってみては「武蔵」は「お仕着せ」感があり、みなさん「ノクチ」「シンジョー」「ナカハラ」「コスギ」と呼び慣わしているようです。ところが近年武蔵小杉周辺にタワーマンションが林立するようになってから「ムサコ」と呼ぶ人が増えてきました。すると他にも近くに武蔵小金井や武蔵小山の「ムサコ」があったので「紛らわしい」と論争になっております。

    タイトルとURLをコピーしました