住環境性能診断サービス

「ハウスメーカーや設計事務所で住宅を建てたけど、住んでみたら説明と違った😢」

と後悔したくない方に

◆ハウスメーカーや設計事務所で住宅計画中だが、どんな環境性能になるのか知りたい

◆隣接敷地の建物や樹木の影響を考慮した日射取得量から暖房費を計算してもらいたい

◆なるべく光熱費を抑えながら、快適環境を実現するにはどうすればよいかの改善方法を知りたい

◆自宅のリフォーム、リノベーションを計画しているが、断熱改修の効果を詳しくしりたい

経験豊富な一級建築士事務所が運営しているサービスなので安心してご依頼ください

サービス内容

土地情報、計画中の建物の資料をメールでお送りいただきます。
・計画地の住所
・計画地の測量図または敷地求積図
・配置図
・各階平面図
・立面図4面、断面図
・仕上表
・断熱仕様が分かる資料(仕上表に記載されていれば不要)
・冷暖房、換気システム及び機器品番(未定の場合は不要)
上記資料をお送りいただければ正確なシミュレーションができます。
※資料をご持参いただき事務所での相談も可

提供いただいた情報から専用ソフトで住環境性能を診断

◆日当りシミュレーション
冷暖房費の省エネ化を図るためには日当りはとても重要です。また朝日は人の体内時計をリセットして快適な睡眠を促してくれることが分かっているように健康維持のうえでも大切です。隣接する建物や樹木による影の影響を時系列でシミュレーションした結果を出力します。


◆Ua値W/m2K(外皮平均熱貫流率)
住宅の断熱性能、熱の逃げにくさを示す指標値です。値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。

◆ηAC値(夏の平均日射熱取得率)
値が小さいほど住宅内に入る日射による熱量が少なく、冷房効果が高くなります。
◆ηAH値(冬の平均日射熱取得率)
値が大きいほど住宅内に入る日射による熱量が多く暖房費を削減でできます。

◆窓換気による通風シミュレーション
冷房も暖房も稼働させていない中間期のほうが長いのに、通風シミュレーションで通風性能を確認しているハウスメーカーや設計事務所はほとんどありません。窓換気による通風性能が高い住宅は、冷房期間を短縮することで冷房費を削減できるだけでなく、なにより気持ちがいいですよね。

◆室温シミュレーション
Ua値、ηAC値、ηAH値、家族人数、窓上庇の影響と近隣の建物と樹木の影響を加味した室温シミュレーションを出力。

◆冷暖房費、一次エネルギー消費量
こちらも窓上庇と近隣の建物と樹木の影の影響を加味した冷暖房費と一次エネルギー消費量を出力。冷暖房費は月ごとの費用も分かります。

◆耐震性能(※オプション対応・木造軸組構法2階建てまで)
建築基準法で定められたいる耐震性能は、関東大震災級の地震がきた時に傾いたとしても倒れないレベルです。これから住宅を建設するなら最低でも1.25倍の等級2、できらば1.50倍の等級3が推奨されています。

「計画住宅の住環境性能診断レポート」を出力

「診断レポート」では、計算した性能数値とももに、その数値が持つ意味についても解説しながらレポートいたします。さらに、より快適により省エネに生活するためにはどうすればよいかを分析し、改善点をアドバイスいたします。

サービス料金

◆診断対応が可能な構造:木造軸組構法・枠組壁工法(ツーバーフォー工法等)の木造住宅

◆診断対応が可能な階数:3階建てまで

◆サービス料:49,500円(税込)

◆耐震性能オプションのサービス料:27,500円(税込)
 本オプションサービスは2階建てまでの木造軸組構法のみ対応しています、

◆納期:敷地および建物情報等の資料受領から7営業日(土日祭日休み)

お申込み・お問い合わせ

①申込みページからご依頼ください

▶ECショップサイト

メールでのお問合せ・お申込み

kanlabo.mori@gmail.com

blog category
住環境光熱費1/2住宅Diary
🎉LINE友だち登録でプレゼント🎁

プレゼントを受け取る!!
◎感共ラボのポートフォリオ
◎パッシブ住宅の解説ブック
◎夏の住まい方ガイド
◎冬の住まい方ガイド

感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました