冬至の日の出が神棚を照らす家 完成見学会修了

7月2日と3日、「冬至の日の出が神棚を照らす家~小田原のバウビオロギー住宅」の完成見学会を開催しました。小田原駅から1時間に2本しかないバスという立地にもかかわらず合計8組の方々に見学いただきました。

写真は外壁杉板張りが完了した外観写真です。手前の玄関ドア外側にも杉板を張っており、ドアを閉めると杉板張りが連続します。また引違い窓奥の外壁段差はは両サイドの窓の雨戸が収納された戸袋となっています。雨戸が露出しないように戸袋も杉板張り仕上げとしました。

2枚目の写真は西側壁面です。突き出た母屋の外側にはエステックウッドの破風板を張っています。軒天井は屋根垂木と杉板野地板現し仕上げです。外構工事で手前に木製板張りをするので最終的に下半分は見えない状態となります。

3枚目の写真はリビングダイニングです。南東側に大きな窓を設け、建物コーナーの先には小田原の海が見えるという配置です。

床:天竜T.S.杉無垢節無しフローリング

壁・天井:珪藻漆喰金ゴテ仕上げ

4枚目はダイニングから和室方向を撮影しました。右側に見学会で建物コンセプトなどを説明するためのポスターが立てかけてあります。床と壁の色合いはこちらの方が実際に近いです。

和室右上に神棚が見えますね。建物名称とした「冬至の日の出が神棚を照らす家」の神棚です。太陽周期の1年のスタートである「冬至の日の出」の光がこの神棚を照らしてくれます。冬至の日の出を感じたい、天体の運行に合わせて太陽と月の光がいっぱいに入る家にしたいとう建て主様の要望から、冬至の日の出が神棚を照らすという方法を考えました。南東の大きな窓からは日常の生活のなかで太陽と月の光に満たされるような家になるようデザインしました。

最後に洗面化粧を紹介します。

 

 

 

 

 

blog category
冬至の日の出が神棚を照らす家
🎉ECサイト開設

➤家造り住まいの相談窓口
◎間取り作成、間取り相談
◎住環境性能診断、アドバイス
◎耐震診断
◎Web相談

感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました