築60年の住宅リノベーション 設計依頼

築60年の住宅リノベーション

横浜市の古民家リノベーション設計のご依頼をいただきました。

写真は天井裏を撮影したもの、見事な丸太梁ですね。新築住宅では使われることのないこの家の貴重な財産なので丸太梁を現しとした計画としたいと感じています。

2枚目の写真はこの住宅の作りがよく分かります。野地板は杉平板、外壁は竹小舞下地に土壁を塗りこんでいるのが分かります。構造体に腐食は見られずまだまだ使える状態でした。水回りの周囲は土台を柱の交換が必要ですが、家の原型を残しながら特徴を活かしたリノベーション計画を考えてまいります。

blog category
築60年の住宅リノベーション
感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました