廃棄物、汚染物質、騒音の負荷がない建設地を選ぶ

バウビオロギー25の指針
ーエコソーシャルな生活空間
ー廃棄物、汚染物質、放射線源、騒音の負荷を受けていない建設敷地を選ぶ

 これは主に住宅用の土地を指します。人々の流入が多い都市、地域の土地の不足、投資家の利益の最大化など、さまざまな理由で、今日では実際には適していない多くの土地(急斜面、災害危険エリアなど)に建設されています。そこに住んでいる人々は、生涯を通じて次のような健康問題にさらされる可能性があります。

※土壌汚染:ラドン、埋設されていたゴミ、以前の地主であった企業から出た環境や健康に有害な排気物質

※放射線源:エレクトロスモッグ(低周波および高周波領域)、放射能、地質学的障害・・・

※地質学的障害:地質的に攪乱された立地に生える木が不具合であったり、病気になったり、実をつけなかったり、ひどい場合には枯れてしまうことがあるように、長年そのような場所に住む人間にも同様のことがいえます。

※汚染源:輸送、工業/産業、農業、廃棄物

※騒音:車、電車、飛行機、工業/産業、レジャー施設・・・

そうは言っても、自然保護への懸念もしばしばあります。これが、自然保護と人間のニーズを可能な限り最良の方法で調和させる建設地を見つけるよう常に努力しなければならない理由の一つです。

ここで、自然保護の観点から、最善の解決策は通常、新しい建物を建てるのではなく、既存の建物を改修および/または増築することであることも覚えておく必要があります。

blog category
バウビオロギーDiary
感共ラボの森をフォローする
一級設計事務所 感共ラボの森

コメント

タイトルとURLをコピーしました