バウビオロギー

バウビオロギー

ジードルンクに十分な緑地を確保するーエコ・ソーシャルな生活空間

ジードルンクは産業革命後の都市問題を改善するためにドイツで1920年代から大都市郊外地に計画された大住宅団地です。歴史的な都市ジードルンクは、地域の気候風土と都市を調和的に結び付け、精神的な諸認識をもって作り上げられていました。近代のジードルンクはそれに対して「カオス」という多様性をもった、自己矛盾するような秩序を示しています。
バウビオロギー

人間の必要をかなえる生活空間をかたちづくるーエコ・ソーシャルな生活空間

人間に相応しい住まいは「バウビオロギーの判断基準への配慮をも含めた、すべての基本的及び人権の総量」と定義することができます。残念ながら、多くの住宅やアパート、高齢者住宅、難民の救済施設、などがこの要請を充足していません。
バウビオロギー

生活を支えるインフラデザイン、バランスのとれた混合利用に配慮する

仕事場が近いこと、地元の公共交通機関、学校、ショップなど、都市のインフラストラクチャにおいては、用途が適切に組み合わされていることが大切です。満員電車に長時間揺られて毎日職場へ通うこのと時間の浪費、体力の浪費、エネルギーの浪費は社会的な損失です。
バウビオロギー

質のよい飲料水に注意をはらうー持続可能な環境の形成ーバウビオロギー25の指針

バウビオロギーが推奨するのは、少なくとも台所と給湯器につながる分岐水栓と給水管だけはステンレス管か錫メッキ銅管を使う、その他は架橋ポリエチレン管にすることです。ポリエチレンは塩化ビニルよりも環境負荷がはるかに少ない(生産に問題が生じない、燃焼時に有害物質を排出しない)です。
バウビオロギー

エコ収支の観点から材料を選ぶー持続可能な環境の形成ーバウビオロギー25の指針

方言が地域に根づいているように、現地の言葉を語る建物が本来の姿です。この願いはエコロジーと文化の複合問題です。地域に根差した材料を使っても多様な表現は可能だということを我々は再認識する必要があります。温熱的に快適、カビもない、電磁波もないからいい建物とはいえません。
バウビオロギー

天然資源を大切に利用するー持続可能な環境の形成ーバウビオロギー25の指針

再生不可能な資源(化学的に製造された製品)の使用は最低限とし、再生可能な資源(木材、天然繊維、植物油など)の使用を優先しましょう
バウビオロギー

環境へのネガティブな影響を回避するー持続可能な環境の掲載ーバウビオロギー25の指針

環境配慮をしているように装いごまかし、上辺だけの欺瞞(ぎまん)的な表現が溢れています。本当に環境にやさしい建材や建築工法を見出すたにはどうすればよいのでしょうか。
バウビオロギー

エネルギー消費と再生可能エネルギーー持続可能な環境の形成ーバウビオロギー25の指針

通常であればU値0.4からU値0.2へ上げるよりもソーラパネルを設置するほうが総エネルギー量を減らすには有効です。
タイトルとURLをコピーしました