住宅事例

川崎等々力の家

長さ4.1mの地窓

新事務所の地窓にようやくガラスが入りました。 長さ4m10cm×高さ65cmの大きな地窓です。地窓とは床際にある窓のこと。 大きな地窓を入れた意図は次の3点です。 1、10m2という小さな事務所に広がりを持たせる。 2、地窓外に...
2019.06.29
川崎等々力の家

自然素材 シラス壁

最近のブログは新事務所関連を連発していますが、仕上げに入るとお伝えしたいことが沢山あるためです。 昨日~今日と室内天井と壁の左官工事をしてもらっています。今回採用したのは高千穂の中霧島壁(通称シラス壁)。火山灰を主原料とする自然素材100...
2019.06.29
川崎等々力の家

天然塗料 弁柄(べんがら)

一昨日の柿渋塗装に続いて、昨日の午前中は弁柄塗装に挑戦しました。弁柄をご存じの方は少ないと思いますが、古くから防腐防虫顔料として使われていました。 「べんがら」の名前は、かつて酸化鉄を含む良質の赤褐色の土がインドのベンガル地方で産出された...
2019.06.29
川崎等々力の家

天然塗料 柿渋塗装の体験レポート

昨日、新事務所の屋内木部と木製窓の塗装をしました。 古くからある天然塗料・染料としてつかわれている 柿渋です。一般の塗料に慣れている僕にとっては驚きの体験でした。 柿渋は、しぶ柿の実を圧縮濾過し、長期間発酵熟成させたものです。 日...
2019.06.29
川崎等々力の家

住宅外壁 壁内結露防止

新事務所の屋上壁の一部を左官壁とします。ラスモルタル下地でマジックコート左官仕上げ。 ラスモルタルとはラス網という金網を張ってその上からモルタルを塗る工法です。サイディングが普及する前には最も一般的な外壁仕上げでしたが今でも使われています。...
2019.06.28
川崎等々力の家

サイディング工事監理と木製窓との納まり

事務所工事は昨日1階壁の窯業系サイディング工事が完了しました。 サイディングは定番として使用しているニチハ モエンエクセラード マイスターウッド調 チャコールブラウン。 色・質感・コストパフォーマンスを総合して考えると最高のサイデ...
2019.06.28
川崎等々力の家

アトリエ屋上へ誘うタラップ

久しぶりに建築中の我がアトリエのお話。アトリエには玄関横に秘密のタラップがあります。 僕にとっては「別世界へ繋がる希望のタラップ」という意味合いがあります。 アトリエ屋上はウッドデッキを敷き詰めたルーフテラスとなり、ウッドデッキの 一...
2019.06.29
川崎等々力の家

木板外壁のオスモ塗装

3日から仕事は始めたのですが、子供が家に居ると思うように進みません。 今日は新事務所外壁の塗装をすることにしました。 ウエスタンレッドシダー板へオスモ ワンコートオンリー ラーチ色を塗装。 先日、板の裏側へキシラデコール カラレス(防腐防蟻...
2019.06.28
タイトルとURLをコピーしました