賃貸住宅

賃貸住宅

記憶が繋ぐ集住ハウス 内装仕上げ色決定

築45年の木造アパートのリノベーション、「記憶が繋ぐ集住ハウス」の現場監理へ行ってきました。 大工工事は2月末で終了する予定、3月からいよいよ内装工事の開始です。昨日は壁・天井の色と新設木枠などの塗装色を決定しました。写真は既存柱と塗りサ...
賃貸住宅

記憶が繋ぐ集住ハウス 構造木部の力強さ

昨日、記憶が繋ぐ集住むハウス(世田谷代田計画)の現場監理へ行ってきました。 内部大工工事の確認と、内部仕上げ品番の検討・決定、色番決定出来ない項目は持ち帰り再検討することとしました。大工工事かなり進んできました。木製建具枠と下地石膏ボード...
賃貸住宅

記憶が繋ぐ集住ハウス 窓庇

昨日、記憶が繋ぐ集住ハウス(世田谷代田計画)の現場監理へ行ってきました。 2日連続の庇写真になりますが、今日は「記憶が繋ぐ集住ハウス」の顔となる窓庇です。賃貸住宅は投資資金と賃料のバランスが大切なので銘木などは使えませんが図面通りの形状と...
賃貸住宅

記憶が繋ぐ集住ハウス 柱の埋木

昨日は世田谷代田計画とルーフライトハウスの現場監理へ行ってきました。 世田谷代田計画(記憶が繋ぐ集住ハウス)はシャワーブースの設置が完了し壁断熱材を施設中でした。壁天井を断熱材ですっぽり囲まれた部屋は見るからに暖かそう。大工さんが隙間なく...
賃貸住宅

記憶が繋ぐ集住ハウス 窓サッシ設置完了

昨日はルーフライトハウスと世田谷代田計画の現場監理へ行ってきました。世田谷代田計画は築45年の木造賃貸アパートを耐震補強と断熱補強しながらリノベーションする計画で「記憶が繋ぐ集住ハウス」と呼んでいます。昭和建築の雰囲気に魅力を感じて集まる...
賃貸住宅

妹島和代さんの石神井アパートが苦戦

妹島和代氏設計の賃貸住宅が竣工から1年経っても空室が目立つという情報がツイッタ―を賑わしている。ツイッタ―ではこの賃貸物件を扱っている不動産屋への意見と回答というものが多いが、この事実はもっと大きな問題を提起している。この賃貸住宅は「石神井...
賃貸住宅

木賃 変身

昨日の新聞記事です。 高度経済成長期からバブル期にかけ、地価上昇による税金対策として多くの木賃(木造賃貸)アパートが建てられた。なかでも環状7号と明示通りに挟まれた地域は「木賃ベルト」と呼ばれるほど木賃アパートが多い。それらの古い木賃は現...
賃貸住宅

記憶が繋ぐ集住ハウス 外壁下地合板施工中

世田谷代田で進めている築45年の木造アパートリノベーション計画、「記憶が繋ぐ集住ハウス」は1階床下地合板と外壁下地合板張りがほぼ終了した段階です。写真は2階の現状で、2階は給排水配管が完了しました。屋根ガルバリウム鋼板瓦棒葺き工事も80%...
タイトルとURLをコピーしました