断熱

高断熱高気密という言葉をよく耳にします。様々なサイトで高性能を謳う飾り文句として外皮平均熱貫流率Ua値〇〇というように表記されていますね。私はこの高断熱高気密という言葉が大嫌いです。断熱性能を高めれば冬の室温が安定して快適な環境になりますが工事費は上昇します。また窓を小さくすれば断熱性能はぐっと上がりますが日射利用効果が極端に下がります。さらに、夏の日射遮蔽もセットで考えないと夏は蒸し風呂のような状態となってしまいます。

このサイトをご覧いただいた方には数値競争に惑わされずに性能数値の本質を理解してもらいたいです。住宅で必要なのは断熱性能ではなくて快適な温度環境となるかどうかですよね?

計画地は一つ一つ条件が違います。省エネ基準で定められたれた同じ地域区分の中でも最低気温は2℃も違います。さらに細かく見ていくと同じ町内でも日射が豊富に差し込む敷地もあれば周りの陰でほとんど陽が当たらない敷地もあります。同じ敷地でも住む人によって快適な温度は違います。条件がまったく違うにもかかわらず外皮平均熱貫流率Ua値だけを比較して高断熱だ高性能だというのはナンセンスです。

感共ラボの森では分かりにくい断熱性能数値で説明するのではなく、予想される室内温度域で説明しています。

日中晴れていれば暖房不要、朝起きた時の室温を極力15℃以下にしない。

これが感共ラボの森が設定している断熱性能です。最初に希望する温熱性能を設定し、その次に必要な断熱仕様を決定するべきです。断熱性能を考えるとき、まず第一に希望する環境性能を設定し、次にその希望を実現するために必要な断熱性能を設定すべきなのです。

お住いの地域で、日中晴れていれば暖房不要・朝起きた時の室温が極力15℃を下回らない断熱仕様はどういうものかを知りたい方は問い合わせページからご連絡ください。

室温→体感温度
タイトルとURLをコピーしました