上棟時の作法

川崎等々力の家 上棟

事務所工事、いよいよ上棟しました。
写真は上棟中の1枚です。
朝から天気も良く、上棟日に快晴だと「自分の行いが良いからかな~」
などと感じてしまいます。

写真の柱上部に着いている黒いプレートがSE構法の金物です。
かなり肉厚のプレートで、一目見て頑丈なことが分かりますよ。

さて、上棟に関して一般の方に役立つ情報をご紹介します。
上棟というと昔は屋根から小銭を撒いたり、大工さんが祝いの歌を奏で
たりと地域によって様々な風習がありました。最近では工務店さん側も
大々的な上棟祝いは嫌がる傾向にあり、お施主さん側もささやかな祝い
程度を希望する方が多いです。とはいっても上棟は住宅建築工事の一大
イベントです。

東京・神奈川地域での最近の上棟祝いでは、棟梁に1万程度、各職人へ
5千円程度のお礼を渡し、ツマミ程度の食べ物とソフトドリンクでお祝
いすることが多いです。飲酒運転の取り締まりも厳しいので、職人さん
側もあまりアルコールを飲みません。感謝の気持ちを込めて、赤飯弁当
とビールなどをセットにしてお土産として渡すと喜ばれます。

タイトルとURLをコピーしました