住宅事例

冬至の日の出が神棚を照らす家

冬至の日の出が神棚を照らす家 完成見学会修了

7月2日と3日、「冬至の日の出が神棚を照らす家~小田原のバウビオロギー住宅」の完成見学会を開催しました。小田原駅から1時間に2本しかないバスという立地にもかかわらず合計8組の方々に見学いただきました。 写真は外壁杉板張りが完了...
冬至の日の出が神棚を照らす家

小田原のバウビオロギー住宅 完成見学会用の資料作成

「冬至の日の出が神棚を照らす家~小田原のバウビオロギー住宅」 完成見学会がいよいよ今週末となりました。日程は7月2日と3日です。両日とも午前中はすべて予定が入っておりますが、午後の時間帯で若干空きがございます。ご興味ある方は下のリンクから...
冬至の日の出が神棚を照らす家

完成見学会|冬至の日の出が神棚を照らす家

冬至の日の出が神棚を照らす家、完成見学会(オープンハウス)を開催します。時は2022年7月12日~13日、バウビオロギーの理念を随所に取り入れた住宅です。この機会に是非見学にいらしてください。
冬至の日の出が神棚を照らす家

冬至の日の出が家の一番奥にある神棚を照らす家

江之浦測候所には冬至の朝日に向け軸線を設定した四角い筒状のトンネルがございます。住宅でアート作品のようなものは作れませんが、そこからヒントを得て、季節の変わり目・時の流れを感じる家を設計しました。太陽周期で最も大切な冬至の朝日からエネルギーを得る家です。
築100年の古民家再生

築100年の古民家再生 キッチンが紹介されました

建築紹介サイトhomifyで私が設計した「築100年の古民家再生」のキッチンが紹介されました。上の写真をクリックで紹介サイトをご覧いただけます。 築100年の古民家再生は、リノベーション面積230m2(70坪)という大規模な改修工事でし...
三角屋根の家

三角屋根の家

3方を建物に囲まれた旗竿地、真南に対し40度ほど傾いた敷地で効率的に日射利用をするにはどうすればいいか。考え抜いた結果、主要居室を2階に配置して南面する高窓から太陽光を取り入れることにした。 敷地に平行に配置した建物の上に、40...
冬至の日の出が神棚を照らす家

合板不足

冬至の日の出が神棚を照らす家、木工事が進んでいます。最近の木造在来では水平構面強度の高い24mm合板を使うことが多いです。ラーチ合板が多いのですが、この現場では桧合板が使われていました。どうやらロシアからの輸入減によってラーチ合板の品薄状態が続き桧合板が納入されたようです。
本の家

本の家 本棚

本の家 大量の書籍の保管場所としてワンルームマンションを借りていた建主様、全ての書籍の保管と住環境改善のためスケルトンリノベーションを行った。 本の家 東側の山林の影響で午前中は日影となってしまうことから、一部減築一...
タイトルとURLをコピーしました