高断熱・高気密

今回は「高断熱・高気密」のお話です。
平成11年に改正告示された「次世代省エネルギー基準」が制定され、それまで一般化していた性能より一段高いレベルの断熱・気密住宅が増えています。この基準が出来た理由はズバリ地球温暖化。
この基準でしっかり施工していけば、冷暖房ランニングコストを約20%削減でき、地球温暖化防止にも貢献できるというものです。なんか話がLohas Livingに近づいてきましたね。
「次世代省エネ基準」の仕様で施工すると、もうひとつ大きなメリットがあります。
それは住宅の快適性や耐久性がUPするということ。住人にとってはランニングコスト削減よりも嬉しいメリットかもしれません。上下の温度差が小さく、隙間風による不快感もありません。また、暖房器具との組み合わせとプラニングによっては家中どの部屋・廊下も同じ温度という全館暖房も可能です。
住人にとっての快適性という意味でメリットの大きい「高断熱・高気密」住宅ですが、お話をしていると一般の方だけでなく設計・施工をしている人の中にも誤解をしている事が多いです。よく聞くのは、
「うちは高断熱だけど中気密でやってる」というような話。これは何の為の高気密かということを理解していないのかもしれません。気密は断熱材の断熱性能を確保し壁内結露を防ぐためのものなのです。
性能の良い断熱材を使用しても気密しなければ断熱性能を100%引き出せません。
正しくは「高断熱・断熱材の為の高気密・計画換気」として記憶してください。

タイトルとURLをコピーしました