建設コスト 木工事

今日も昨日に引き続き住宅建築コストで木工事のお話です。
木工事は住宅建設のなかで35%前後を占める工事で、構造材・プレカット費・造作材・合板ボード類・大工手間などで構成されます。
住宅は仕様や作り方でコストが大きく変動します。建売り住宅程度から純和風住宅までグレードを3タイプに分けて試算してみました。

グレード1は建売り住宅程度で、柱などが露出しない大壁形式。
グレード2は一部真壁や露出梁など工夫した作りがある形式。
グレード3は純和風住宅を想定しています。
グレード1→坪単価11万5千円
グレード2→坪単価14万円
グレード3→坪単価17万円

ここで坪単価の述坪の算出方法で注意が必要です。ここで言う延坪は建築基準法上の面積ではなく、次の3点なども加算した施工床面積で計算します。
・3面以上壁に囲まれた中庭やルーフバルコニー
・内部吹き抜けにも床があると考えて面積加算
・ロフト面積の1/2を加算

建設コスト解説の目次
  ・建設コストに関する建築雑誌の記事を執筆中
  ・仮設工事のコスト
  ・基礎工事のコスト
  ・木工事のコスト
  ・屋根工事のコスト
  ・外壁工事のコスト
  ・石タイル工事のコスト
  ・内装工事のコスト
  ・アルミサッシのコスト
  ・木製建具のコスト
  ・塗装工事のコスト
  ・給排水給湯設備のコスト
  ・執筆していた建築知識2月号が発刊されました

タイトルとURLをコピーしました