光熱費1/2のエコ住宅 39 「開口部の設計」

光熱費1/2のエコ住宅 39 「開口部の設計」
自然エネルギーを有効活用し、なおかつ快適な住環境をつくるためには
どうすればいいのか?
私は住環境を具体的数値で評価することで実現しています。前回のブログ
ではその設計フローを紹介しました。
今日は開口部の設計について解説します。
それぞれの細かな技術とエネルギー削減目標などはシリーズのなかで
解説していますので、そちらをご覧ください。
開口部の設計で重要なことは、何を導き活かし、何を閉ざすのかという事。
陽の光や鳥のさえずり、木々の香りや見事な眺望など、豊かなものは窓
から入ってきます。逆に騒音や不快な匂い、導きたくない夏の陽なども窓
から入ってきます。
これらの何を活かして何を閉ざすのかを決めていく作業が窓の設計です。
①昼光利用、日射遮蔽
 夏の陽射しは遮蔽し、冬の陽射しを部屋の奥まで導くよう設計しましょう。
 そのためには、真北からプラスマイナス15度の範囲に窓を設定する事
 が大切です。この範囲を外れると日射活用の効果が半減します。日射
 遮蔽には庇を活用し夏の陽射しが部屋に入らないようにしましょう。
 同じ面積なら天井に近い窓や細長い窓のほうが明るく感じまうす。
②卓越風を把握した通風設計
 住宅が立つ場所の卓越風(最も頻度が多い風向き)を把握し、その風上
 と風下に窓を設置します。住人が居る位置を風が流れるように窓の位置
 を設定するればより効果的です。もう一つ、2階屋根の天窓や頂側窓は
 立体的な風の流れを生むのでとても効果的です。
③引き算で考える窓の大きさと個数
 あったほうがいいなと感じる場所に所構わず窓を設けると普通の空間に
 なってしまいます。日射利用と通風を確保しながら、どれだけ壁を作って
 いけるかが設計力です。
次回は「断熱設計と日射遮蔽性能」について解説します。

タイトルとURLをコピーしました