建設コスト(仮設工事)

設計事務所へ依頼すると工事費が増額してしまうという話をよく聞きますが、感共ラボの森では総予算内で建築可能なご提案をしています。

ご要望通りの家を実現するにはどの程度予算オーバーするのか、要望を重視しながら予算内で納めるためにはどこを変更すれば建築可能となるのかを協議して最終案を決定していきます。

コストコントロールも設計事務所の大切な業務なのです。

さてコストコントロールする上で大切なのは設計事務所の行う設計見積り。感共ラボの森では工務店が作成する見積もりと同じレベルの詳細見積もりを基本設計段階で作成して工事費を確認しながらプラン検討を進めています。

建築コスト関連としては、木製建具とアルミサッシの施工金額のお話をしてきましたが、今日は見積もりの最初のページに出てくる仮設工事の情報をご紹介します。

仮設工事とはその名の示すように、仮に設置あるいは施す工事のことで、建築物を建設するための準備や補助的に行うものです。

仮設工事は大きく3つに大別でき、1:仮囲いや仮設電気・水道費などの準備費、2:建物の位置や壁の位置を決める「やり方」や「墨だし」と外部足場、3:発生材処分や内外養生費、の3つに大別できます。

仮設の具体的は費用は各細目の面積や数量に単価を乗じて計算していきますが、一般の方の知識としては下記のような概算金額として知っていれば十分でしょう。
A:一般仮設費→50万円
B:外部足場費→(外壁の外側50cmの周長×6.5m)×1200円
AとBを加えて、一般的木造住宅の仮設費は80万程度となります。

建設コスト解説の目次
  ・建設コストに関する建築雑誌の記事を執筆中
  ・仮設工事のコスト
  ・基礎工事のコスト
  ・木工事のコスト
  ・屋根工事のコスト
  ・外壁工事のコスト
  ・石タイル工事のコスト
  ・内装工事のコスト
  ・アルミサッシのコスト
  ・木製建具のコスト
  ・塗装工事のコスト
  ・給排水給湯設備のコスト
  ・執筆していた建築知識2月号が発刊されました

タイトルとURLをコピーしました